FC2ブログ

目醒めて生きる〜霊的真理を携えて〜

未熟なスピリチュアリストより愛と誠意を込めて

-

目醒めるまでの道のり/36

5月に入ると、不思議なことが立て続けに起こりました。まず最初は、私達親子にとって最悪の状況となりうる問題の原因が取り除かれたのです。前回の記事で、説明が複雑な上に非常にプライベートに関わるため詳しくはお伝えできないとお伝えしていた問題が根本から突然片付いたのです。普通ではありえないことだと思います。突然、ある人物が私の住む地域に現れ、私たち親子の抱える問題を知るや否やさっと解決してくれたのです。それまでどんなに手を尽くしても、解決の見込みがなかった難問が、あっという間に消えて無くなりました。ちなみにこの人物は、仕事上の急な人事異動でこの地域に配属されたと言っていました。私の問題を片付けてくれた後、またすぐに人事異動があり、元いた地域へ戻って行きました。

息子と二人で、状況の急展開に大喜びしました。この地での転職が叶わなくても息子を連れて日本に帰国することもできますし、別の地で新しい生活を始めることもできるようになったからです。

この時、私は守護霊や霊界の援助だと感じました。

住み慣れたこの地でこのまま暮らして行きたいと願ってはいましたが、もしそれが叶わなくても、これで国内外問わずに自由に息子と一緒に移れると思うと、心の底から安堵しました。ところが、すぐに状況はさらなる展開を見せました。かつてsamatwaを立ち上げる前に、十二年間勤めた日系企業の総支配人から連絡が入り、驚くことにその要件は職場復帰についてのお誘いだったのです。結局のところ、職探しを本格的に始める前に転職先が決まり、居住権が保証されることになったのです。

またしても、霊界の導きであることを確信しました。

シルバーバーチ霊が説いた通り、私達が霊的なことを優先し最善の選択をすれば、物質的な問題は次第に取り除かれるということが、霊界より証明されたのだと実感した出来事でした。

My profile

Author : サマトワ

神秘的な体験を経て、人生が一変した南国暮らしの元レイキマスターです。

当ブログでは、なぜ一度はレイキヒーラーとして生計を立てていたにも関わらず、そのすべてを手放したのか?その理由もお伝えしながら、「スピリチュアル」について皆様と一緒に学んでいけたらと願っております。まだまだ未熟者ではございますが、奉仕ヒーリングを含む「利他愛の実践」を心がけ、少しでもお役に立てるよう努力して参ります。

どうか一人でも多くの方が、本当の意味で「目醒めて生きる」ことをお選びになりますように。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QR