REIKIヒーリングサロンsamatwa のんびりバリ島レイキのある生活♪

バリ島にあるレイキサロン・サマトワレイキマスターによる、ごくフツウの毎日の中で感じとる癒しや幸せの形、心の色々について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペットの入院中はレイキで応援するぞ!

日本に住む妹から緊急SOSがありました

実家で飼っているうさぎのレンくんが、入院したというのです。
もうおじいちゃんなので、高齢うさぎには危険が伴うという麻酔は何とか避けたかったけど
治療の過程でやむを得ず麻酔を使ったんだそう

簡単な手術で、それ自体は問題なく終了したんだけど
他のうさぎと比べて全然麻酔が覚めないので、今夜は入院になっちゃったよ~と。

レンくんと言えば―
今ではサードホルダーであり、サマトワのロゴやキャラクターなど
デザイン系の全てを担当してくれている、わたしの大切な妹とレイキを繋いだ立役者だ!
レンくんが命を張って結んだレイキとの出会い

イモウト; 『さっき病院から帰ってきたけど、まだ起きないんだよぅぅぅ・・・

というので、こうなったらサードホルダー2人揃って 病院のレンくんへ届け【遠隔レイキ】スタートだっ!!

5.jpg

始めてすぐ、わたしが感じ取ったのは
“うっ、エネルギーの返りが少ない。あまりイイ感じじゃないみたい・・・

ビリビリだとか、熱さとか、そういったエネルギーの感覚があまりない。
シ―――ン・・・とした感じというか。

でも30分位過ぎたころから、わたしの手のひらの中で
レンくんのエネルギーの反応をしっかり感じ取れるようになってきました。

レイキのエネルギーは、送り手が2人だと2倍じゃなく2乗になります。
そこに、こぼれんばかりの愛情が加わって
病院で眠っているレンくんへ届いたんじゃないかな。

“レンくん今、目を覚ましましたよっ!”って
動物病院の先生から電話をもらったのは、レイキ開始して1時間経った頃でした



ふぅ、、、一安心
今はもう元気に動けるし、ゴハンも食べるよううになったレンくんだけど。

たとえば、ことばの話せない愛するペットが病気のとき
そばにいるだけでなく、こうやってとにかく何かしてあげられることを持っている。

気付いて!って彼らのSOSサインを
飼い主が、自分の手のひらで敏感に察知してあげられる

いつも100%の愛と癒しを、全身で与えてくれるペットへ。

そんな素晴らしいレイキヒーリングと出会えたことを
ペットと一緒に生きる1人として、私はとても幸せに思うのです、ココロから

店長:佐藤
スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 癒し・ヒーリング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。