REIKIヒーリングサロンsamatwa のんびりバリ島レイキのある生活♪

バリ島にあるレイキサロン・サマトワレイキマスターによる、ごくフツウの毎日の中で感じとる癒しや幸せの形、心の色々について語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペットが結んだレイキとの出会い

きのう、ペットとレイキのことを書いていて、“ふっ”とこんな体験を思い出しました。

今日は、わたしの日本に住む妹とレイキとを結びつけてくれた
彼女の大切なペットのお話

ある年の年末、わたしはバリから日本の実家に帰省中
妹は、まだよくレイキを知りません。
わたしも、「レイキっていいんだよー」などと多くを語ったりはしません。

レイキとの出会いはきっと、必要とする人のところに
必要なタイミングで訪れるものだと思っているから。


だから、例えレイキが“効果の高い自然療法”だと分かっていても
その人が必要としていないのなら、それはそれでいい ―
これがわたし、そしてサマトワのスタンス。

例えそれが、大切な妹であっても変わりません。

だから彼女の中でレイキは、いつまで経っても興味はあれど
“ちょっと現実離れした、オカルト的な響きの類”を脱することは無かったのです。

さて。暮れの押し迫った12月31日、大晦日のこと。
彼女の顔が冴えません。今にも泣きそうな顔
ミニうさぎの蓮くん(2歳9ヶ月)がしばらく水もゴハンも食べず元気がないというのです。
060615_0901~0001 元気な蓮くん

我が家では、かれこれ15年近くうさぎを飼ってきたので
(何匹か天国に見送っていますから)最期がどんな状態になるのかも
悲しいけれどよく知っているのです・・・

普通なら、すぐに動物病院に駆け込むところですが
大晦日・・・どこに電話しても、取り合ってくれない。
ぽろぽろと泣く妹を見て、わたしは「レイキ当ててみようか?」と聞きました。
わらをもすがる思いとは、こういうことでしょう。

3時間ほど、妹の宝ものに手を当て続けたと思います

小さな体に、すごい勢いで手のひらからレイキが吸い込まれていくのを感じました。
レイキを必要としている=生きようとしているんだと思いました。

体温が奪われて硬直していた体に、少しずつ温かさが戻ってきました。
彼のトレードマークである、鼻がひくひくと
時々だけど、動くようになりました。

妹は、後ろからただじっとその様子を見守っていました。

数時間後・・・
とっても冷たかった長いお耳が、じょじょに温かくなってきました。
更に1時間ほどしたところで、口元に付けた砂糖水をぺろっと舐めた!
年が明ける頃には、ダイスキな牧草を数本食べた!!

妹は、泣いていました。。。


あぁ、良かった。。。きっともう大丈夫。

初売りで2人、抱えきれない程の蓮くんの好きなものを買いあさったのを
今でも、元気な姿を見るたびに思い出します。。。

renあ

もし、年末じゃなかったら?
レイキに頼るという選択は、彼女には無かったかもしれない。

数日後、妹はわたしに“レイキについて聞きたい”と言いました。
そして、今もゆっくり時間をかけてレイキとの付き合いを続けています。
ren2.jpg さっき妹から届いた今日の蓮くん、リラックス中です

きっと日ごろ、妹の愛情をいっぱい受けている蓮くんが
『ねぇ、そろそろ行っておいでよ』と、その小さな体を張って
レイキと出会うきっかけをくれたんじゃないかと、姉は密かに思っています。


店長:佐藤
スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 癒し・ヒーリング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。